FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界中の貧困と飢餓と戦争をなくすために~もし、世界が100人の村だったら&ゴミ捨て場の子供たち

いま日本では、流行のようにモンスター的 凶悪事件や周りを巻き込んでの自殺が相次いでいる。
自殺者は10年連続3万人を超え、リストカット、犯罪者、人情道徳の軽視、自分さえ良ければの横行、

などなどの社会現象、この原因の多くはストレス社会によるものではないでしょうか。

では本当に「この日本は世界的にみて住みにくい国」となったのでしょうか?
いま心の中がストレスでいっぱいで爆発しそうな「アナタ」次に紹介する動画

 「もし、世界が100人の村だったら」

「ゴミ捨て場の子供たち」を観て一緒に考えてみませんか・・・


「もし、世界が100人の村だったら」


世界がもし100人の村だったら (If the world were a village of 100 people)は、インターネット上で
チェーンメールのように広まって、世界的に流布した世界の人々の相互理解、相互受容を訴えかける
「世界村」(en:global village)について示唆を与える文章。2001年前後から世界的に広まった。


                        Wikipediaより引用   

「ゴミ捨て場の子供たち」特別編集版 (1/3)


四ノ宮浩(しのみや・ひろし)プロフィール
1958年仙台市生まれ。大学在学中に寺山修司率いる「天井桟敷」に入団し、大学を中退。
その後、様々な職業をへて、1986年監督デビュー。

1995年ドキュメンタリー映画「忘れられた子供たち―スカベンジャー」を完成。

第44回マンハイム国際映画祭ベストドキュメンタリー賞受賞など受賞歴多数。
2001年5月「神の子たち」完成。第52回ベルリン国際映画祭、

モントリオール国際映画祭へ正式招待を受ける。またNYでのNewDirector/NewFilms映画祭

(ニューヨーク近代美術館 MOMA)での上映の際、ニューヨークタイムズ紙に 映画レビュー が掲載された。

2002年10月シネマアンビエンテ環境映画祭(トリノ、イタリア)コンペティション部門グランプリを受賞。

その後世界20カ国以上の国で上映が続いている。
映画「(仮題)放浪」 現在製作中。

「ゴミ捨て場の子供たち」は「神の子たち」を公開サンプルとして 26分に特別編集版したものです。... 」

                                                詳細はこちら・・・


ザ・シークレット 情報
カテゴリー
最近の記事
★ブログ全記事表示★

全ての記事を表示する

クリック募金
■あなたの力をかしてください・・・


ブログランキング
■こちらのサイトからも有力な情報をGETできます。

FC2Blog Ranking

ネット銀行を開設しよう。

RSSリンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。